2018年11月25日

【知明流FX】画竜点睛の本当の意味~名付けた真意~

僕のオリジナルインジケーターの『画竜点睛』ですが、

 

 

画竜点睛と名付けた理由には深い意味

そして深い思いが込められています。

 

 

先ず、本来の『画竜点睛』の意味は、

中国の昔話から由来しています。

その昔話を簡単に説明します。

 

 

中国のとある画家が、とあるお寺の壁に竜の画を描きました。

描きあがったその竜に最後の仕上げとして、

竜の目に墨で睛(ひとみ)を入れた直後、

画の竜に命がともり、たちまち壁から竜が飛び出し、

天に昇って行きましたとさ。

 

 

このことから画竜点睛という言葉は、

「最後の大事な仕上げ」

「ほんの少し手を加えることで全体が引き立つ」

という意味で使われるようになりました。

 

 

どうしてこれがトレードに関係あるのか??

と言う話ですが、

 

みなさんチャートを初めて見た時ってどう思いましたか?

全く意味がわからず

ただ棒が上下に動いていて

そこに何の意味も感じられなかったと思います。

 

 

今でこそ、この波形が出現したら

買われやすい、売られやすいと言うことが

インジケーターが無くても判断できますが、

僕も最初の頃はチャートを見ても何も意味が分からなかったです(;^_^A

 

そんな無秩序で何の意味も無いように見えるチャートに

画竜点睛というインジケーターを入れることによって

チャートから意味のある波形を見つけ出せるようにする。

 

これが画竜点睛と名付けた理由であり、

画竜点睛を作った理由です!

 

 

こちらのチャートを見てみても、

画竜点睛を入れたことによって

トレンドの方向性と

上昇するタイミングと下落するタイミングがピンポイントでわかります!

 

こうして見ると

竜に見えなくもないですよね。笑

 

え、見えない?

 

 

 

 

と言うことで、

あなたのチャートにも睛(ひとみ)を入れて命を吹き込み

昇り竜のように収益上昇トレーダーになってみてはどうでしょうか?

 

 

余談ですが、

『画竜点睛を欠く』という慣用句があります。

意味は、

よくできていても、肝心なところが欠けているために、

完全とはいえないこと。

 

です。

 

 

次回は、

書道の法則性と、画竜点睛に使われているローソク足ロジックの

共通点について解説してみようかと思います。

 

知明流投資術から生まれた インジケーター【画竜点睛】

 

 

◆Oval Prime FX 創設者 「コウスケ」のFXツール◆

◆プロトリFX◆https://oval-prime.co.jp/protri

 

 

◆Diva Perfect Order◆

【Diva Perfect Order】


【FXサインツールの最終形態】!! トレンドの転換点を極めたロジックがここに完成!!

 

◆JapaneseRED◆

【Japanese RED】


秀逸な3つマルチコアロジックの融合
秀逸な3つマルチコアロジックの融合?|?fx-on.com

【知明流FX】画竜点睛の本当の意味~名付けた真意~